治療費や薬代の目安

男性

うつ病と違う症状が

非定型うつ病の治療は、うつ病と同様に薬物療法と精神療法を行うのが普通です。ただ、中にはどの薬も効かないケースがあるので、患者に合わせて治療法を選択していくこととなります。非定型うつ病の治療で3割負担の人が初診時に支払う費用は2,500円ほど、再診時に支払う費用は1,500円ほどが目安です。血液検査など検査を行ったときは少し高くなります。診療費の他に薬代が必要ですが、特に抗うつ薬は種類が豊富で、新世代になるほど高くなるのが一般的です。効果が高く飲み続けやすいと評判の高い抗うつ薬の一つにエスシタロプラムがあります。まだ新しい薬のため、ジェネリック薬はありません。3割負担の人が1日1回服用する場合は薬代がひと月2,000円程度、それに薬の管理料などが加算されます。毎月かかる治療費は3,000円から4,000円と考えるといいでしょうが、保険適用の精神療法である認知行動療法を行う場合は、1回1,440円ほどがかかります。毎月4回行うとすると1万円前後かかる月もあるでしょう。抑うつ症状が続く代表的な精神疾患がうつ病です。病気として認められてから長い年月が流れていますが、これまでにうつ病の特徴と少し外れる新しい精神疾患がいくつか発見されています。その一つはうつ病の亜型として捉えられている、非定型うつ病です。比較的若年層の女性が発症するケースが多く、抑うつ症状が続くのに好きなことがあれば気持ちが急激に晴れやかになるという点が、何をしても気分が晴れないうつ病とは異なります。でも、気持ちが晴れるのはほんの一時です。また一日の内、日中はまだマシなものの、夕方以降になるとぐったりして、手足に鉛を流し込まれたかのように重たく感じると言う人も多いです。強い疲労感に襲われるため、睡眠時間は十分なのに眠気を感じ、食欲も増すのが特徴です。非定型うつ病は抑うつ症状以外うつ病の対極にあるような症状が出るため、全く同じ治療内容になることはほとんどありません。入院するケースは稀で、休養を取るより規則正しいリズムが取れるよう意識して日常生活を送ることが大切になります。ですから、仕事の量は減らしても、休職するまでには及ばないでしょう。

Copyright© 2018 若い人に多い非定型うつについて知ろう【感情の動揺がひどい】 All Rights Reserved.