電話で予約を入れておこう

女性

予約制の病院が多いです

非定型うつは従来のうつ病と同様に憂鬱な気分が続いたり、睡眠障害が見られたり、不安感や緊張などを感じやすい病気です。従来のうつ病は楽しいことを実践しても、気分が晴れないことが多いですが、非定型うつの場合は自分が好きなことや、楽しいことをすると辛い症状が好転するなどの傾向があります。会社の人や家族には怠けや甘えなどと誤解をされがちですが、本人は大変辛い症状で悩んでいます。気になる症状が長く続く時は放置をせずに、精神神経科の病院やクリニックを受診すると、病気が診断されることが多いです。地元で評判の高い精神神経科の病院やクリニックは、清潔で明るい雰囲気の室内が特徴になっており、完全個室でカウンセリングや問診、診察が受けられます。家族の協力が得られる場合は、病院やクリニックに付き添ってもらうことが大事です。初めて病院やクリニックを受診する時は、電話で予約を入れておくと良いでしょう。基本的には予約制の病院やクリニックが多いですが、症状が重い場合は当日でも診察が受けられることもあります。非定型うつは新型うつとも呼ばれており、従来のうつ病と同様の症状も見られますが、違った症状も見られるので本人や家族も気付いていない場合があります。女性や若い20代の人に多い病気ですが、辛い症状が長く続く時は、精神神経科の病院やクリニックを受診することが大事です。精神神経科の病院やクリニックでは、本人や家族の話を聞くことで、総合的に判断して病気の診断が付くことが多いです。一般的なうつ病と同様に内服薬が処方されますが、薬の効果が出にくいなどの傾向があります。抗うつ剤は即効性はありませんが、根気よく続けることで辛い症状を緩和する効果があります。うつ病を回復させるためには、朝型の規則正しい生活を心掛けることが大事です。睡眠障害が見られる場合は、コーヒーや紅茶などのカフェインを含んでいる飲料を控えることが大事です。非定型うつはカウンセリングなどの精神療法、認知行動療法、デイケアなども大変有効です。周囲の家族は従来のうつ病とは違う症状も出るので、戸惑いを感じることもありますが、腫れものに触るような態度は取らず、普段と同じように接することが大事です。

Copyright© 2018 若い人に多い非定型うつについて知ろう【感情の動揺がひどい】 All Rights Reserved.